知育おもちゃの歴史

知育玩具の歴史

今では遊びの中でいろいろと脳を育てる勉強をさせようとして沢山の知育玩具が販売されています。
トレンドこそありますが、中にはかなり長い時間愛用されているものもあり、その歴史は長いです。

知育玩具の歴史を知ることは知育玩具選びにも役立ちます。
3歳や4歳の脳の成長が著しい時に遊びを通して学ぶためにも知育玩具については学んでおきましょう。

1950年代の知育玩具

知育玩具が登場をし始めたのは1950年代からです。
そのころに開発されたものでとくに有名なものにレゴブロックがあります。

今となっては定番のおもちゃとなっていますが、レゴブロックはデンマークの玩具会社が販売した当時は画期的なおもちゃです。
類似品も多いですが、原型はこのころに完成していました。

レゴブロックが流行したことによって積み木も再度見直されるようになって取り組む家庭も増えたといわれており、積み木も今でも愛用者が多いです。
積み木もレゴブロックもただおもちゃを重ねていくだけでなくいろいろなものを想像して楽しむことができますから長くいろいろな楽しみ方ができます。

1970年代の知育玩具

日本では1970年代から教育ブームが起こります。
それに伴っていろいろな知育玩具が流行することになるのです。
このころに流行した知育玩具は教材のようなものがとても多くあり、子供の勉強を目的としているものがたくさんあります。

ただ、この時代の玩具の特徴として、勉強をメインとしているおもちゃが多かったです。
そのため保護者のニーズはつかんでいるおもちゃが多くありましたが、子供たちにとってはあまり興味関心が持てなかったものも多くありました。
この時代のおもちゃの中でも流行したものは現在も残っているタイプのおもちゃが豊富です。

2000年代の知育玩具

2000年代になるとおもちゃのデジタル化が進みます。
スマートフォンやタブレットを使って楽しむゲームや動画を閲覧しているという子も多いです。

ただ、こういったスマートフォンやタブレットといった電子機器を使ったおもちゃはメリットも多い反面一人で遊ぶことが増えてしまうという点ではデメリットがあります。
デジタルゲームでは知育玩具の特徴の一つである人とのコミュニケーションや情緒の発達といったものは成長が期待できません。

そこで、最近では知育玩具としてこういったデジタル機器を利用したおもちゃと並行して昔ながらのおもちゃも人気です。
家族のだんらんの時間に昔からあるかるたやトランプ、ウノといったゲームを楽しむ家庭も増えています。
両親が介在しなくても兄弟で楽しめるものもありますから、兄弟のいる家庭ではそういった知育玩具をゲームとして楽しんでいる家庭も多いです。

PAGE TOP