数字に強くなる知育おもちゃの選び方

数字に強くなる知育玩具で楽しく算数を好きになる

遊びながら学ぶことが出来る玩具として知られているのが、知育玩具です。
知育玩具にはいくつか種類がありますが、知育玩具を使うことで、算数などの、数字を使った勉強への苦手意識を克服できることで知られています。

数字に強くなる知育おもちゃを使うメリットは、やはり、無理なく数字に強くなるという点が上げられます。
1+4=という数字だけの式を見ると、難しいと感じるお子さんも多いですが、おもちゃを使って見てみると、簡単に答えられるというお子さんが少なくありません。
実際に物を動かしながら、物を使って考える事ができる点が、知育おもちゃの大きな特徴だと言えるでしょう。

数字に強くなる知育玩具には種類がある?

数字に強くなる知育おもちゃには、いくつか種類があります。
例えば、パズル系の知育おもちゃやカード系の知育おもちゃ、積み木系のおもちゃなどは、知育おもちゃの中でも代表例の、数字に強くなるおもちゃです。

数字に強くなるだけではなく、小さなお子さんでも、無理なく自然に算数が身につく点が特徴として知られています。
年齢に関係なく楽しむ事が出来るタイプのおもちゃばかりですので、色々な遊び方が出来る点も、大きな特徴でしょう。

例えば積み木であれば、ただ積み上げるだけではなく、数を数えながら、親御さんと一緒に積んでいくことで、少しずつ数を勉強していくことが出来ます。
計算などの場合も、おもちゃを使って教えていくことで、勉強という苦手意識を持たずに、自然と考える力が身についていくと言えるでしょう。

物を動かすことで数字への苦手意識をなくす

知育おもちゃを正しく使うことで、お子さんの数字への苦手意識は激減し、算数などの計算が面白く感じるようになるでしょう。
ただし、親御さんが接し方に気をつけないと、逆に苦手意識や拒否反応が芽生えやすくなってしまいますので、十分注意をしてください。

例えば、上手くおもちゃを使えなくても、決して強く指摘をしてはいけません。
出来ない事を指摘されると、お子さんが一気に苦手意識を持ってしまい、自分はダメだと思うきっかけを作りやすくなります。
出来なくて当たり前ですので、少しでも出来たことに関して褒めてあげるように心がけると、少しずつ上達していくでしょう。

また、1つの解答を強制することも厳禁です。
子供は、自分のやりたいようにやらせて貰えないことが増えると、一気にそのことに関しての興味を失います。
出来るだけお子さんの思ったとおりに、自分のやりたいようにやらせて挙げる事で、お子さんの考える力を成長させるきっかけになるのです。

最初のうちは、おもちゃに触れるだけで良いとして、あまりハードルを上げないことを心がけましょう。

PAGE TOP