感性を伸ばす知育おもちゃの選び方

感性を伸ばす知育おもちゃで感情豊かなお子様に

子供のうちに伸ばすことが出来るかどうかで、将来的に差が付きやすいと言われている1つが、感性です。
物事を感じ、素直のその感情を表すために必要な感性ですが、こちらは、想像力を育てることが最も重要視されているでしょう。
感性を育てるための基本ベースともなりますので、何においてもまずは、想像力を養うことを中心に、感性を育てることを考えていくことが大切です。

想像力を育てるために知育玩具は非常に効果的と言われています。
中でも、砂遊びや粘土遊びになど、一から自分で考えて物を作るタイプのおもちゃは、非常に効果的です。
想像力1つでいくらでも好きな形を作ることが出来ますので、考える力がどんどん身につき、感性を育てるきっかけとなるでしょう。
考える力は感性を磨くだけではなく将来的に絶対必要となる力ですので、お子さんのうちから大事に育てることが重要です。

どんな感性を育てるかによってもおもちゃが異なる

想像力という基本ベースを育てつつ、感性は、様々なおもちゃを並行して使うことで、より一層磨くことが出来るでしょう。

例えば、音楽性を磨きたいのであれば子供用のピアノなどの楽器のおもちゃ、芸術性をn小橋対のであればお絵かき系など、様々なおもちゃが上げられます。
お子さんにどんなセンスを磨いて欲しいのか、どんな感性を磨いて欲しいのかを合わせて考えて、それに合わせたおもちゃを与えることも、感性磨きには大きく役立つでしょう。

更に、積み木の場合は、芸術的感性を磨くと同時に、計算などの、記憶力、算数力を磨くためにも最適と言われています。
合わせて活用することで、トータルバランスに優れたお子さんに育ちやすくなると言っても、過言ではありません。

その子に合わせたおもちゃを与えましょう

とはいえ、いやがるお子さんに無理矢理おもちゃを与えても、お子さんは決して使ってはくれないでしょう。
親御さんが、このような感性を磨くためにお子さんにおもちゃを使って欲しいと考えても、楽しさが分からなければなかなか使って貰えません。
一人一人に合わせたおもちゃ、その子にあったおもちゃを与えるようにする事が、引いては感性を磨くことに繫がると言えるでしょう。

例えば、まずは楽しさを教えるために、一緒に親御さんが遊ぶと言うことが大切です。
年度の場合は特に、使い方がよくわからずに困惑するお子さんも居ますので、一緒に何かを作ってみたり、一緒に遊んで見ることで、楽しさを理解していきます。
お子さんが作った物は否定などせずに、とにかく褒めてあげることで、親御さんに褒められたいと、一人で色々と作り始めるお子さんも少なく無いでしょう

PAGE TOP