英語が得意になる知育おもちゃの選び方

自然と英語に触れることが出来るおもちゃを使いましょう

お子さんに将来的にグローバルな人間になって欲しいと願い、英語を勉強させる方法を模索している親御さんは少なく無いでしょう
英語を小さい頃から勉強させることで、英語力が身につき、英語ぺらぺらになるというお子さんも確かに居ます。

ですが、始めるタイミングやお子さんの気分、通う教室などによっては、英語が大嫌いになってしまうこともありますので、突然英会話教室に通わせるなどはギャンブルと言えるでしょう。
英語を本格的に勉強させる前には、潜在意識の中に、自然と英語が潜り込んでいるように、おもちゃで工夫をすることをおすすめします。

例えば、アルファベットが記入された積み木やパズルを始め、英語の歌等、英語が流れるタイプの絵本、英語を使ったゲームタイプのおもちゃなど、色々とあるでしょう。
おもちゃによっては、遊んでいるだけで英語を真似して話し出すようなタイプのおもちゃもあります。

あくまで強制をしないことが大切です

このように英語力を磨けるおもちゃには、様々なタイプが存在します。
ですが一番大切なのは、とにかく無理強いをしない、強制をしないことと言えるでしょう。

例えば、おもちゃを使っているときに、お子さんが途中で違うおもちゃで遊びだしても、叱ったりしてはいけません。
そのまま様子を見るか、自然な形で誘導するようにして見て下さい。
お子さんは元来飽きっぽい子が多いですので、極力無理強いをせず、自然と楽しみを見いだせるような工夫をするべきでしょう。

出来るだけお子さんだけではなく、親御さんが一緒に遊んで、楽しみを見いだすことが他施設です。
違うおもちゃに興味が移っても、しばらくしたら興味が戻ることもありますので、焦りは禁物でしょう。

英語に触れるだけで、自然と英語力が身につく

英語のおもちゃに触れて遊んでいるだけで、自然と英語に触れる機会が増えますので、本格的に学び始めた時にも、覚えが早い傾向があるでしょう。
その為、アルファベットの付いているおもちゃなどで楽しく遊ぶだけでも、少しずつ英語力を身につけていくことが可能です。

英語力を身につけることが出来るおもちゃには色々とありますので、お子さんが興味を持ちそうなおもちゃを色々と試してみて下さい。
また、出来るだけおもちゃを使う際には、親御さんと一緒に使うことで、お子さんが自然とおもちゃに触れる機会を増やしていくことが出来るでしょう。

音の出る絵本などの場合は特に、一緒に読むようにするだけで、お子さんが真似して、英語を話せるようになることも少なくありません。
とにかく楽しみながら学ぶと言うことが、お子さんが英語力をつける一番の近道でしょう。

PAGE TOP